使い心地最高の今治タオル

最近今治タオルという文字を良く見かけます。

どんなタオルなのでしょうか。


愛媛県今治市は100年以上の歴史を持つタオルの生産地です。
伝統的な製造技術と最新技術を融合させ、使い心地を重視したタオルを作っています。



海外の安いタオルに押されがちであった今治タオルはメーカーや工業組合の努力によって、今や世界でも認められたタオルとなりました。

Girls Channel情報を参考にしましょう。

一番の特徴は吸水性です。


今治ではこんな検査をしているそうです。


タオル片を水に浮かべ、5秒以内に水に沈むかどうかを、未洗濯の物、3回洗濯した物の2回に分けて検査します。
これをクリアした物だけが認定されるのです。

汗や水分を素早く吸収するので、お風呂上がりに体を拭いても汗をぬぐってもべとつかず、お肌に優しいのも特徴です。また、タオルは意図の根本をグリップした状態で織られるパイル糸は、洗濯し乾燥するごとにすこしずつよじれが強まり堅くなっていきます。
しかし、今治タオルは撚りの強い糸を使わず、基準を満たした素材のみを使用するため、吸水性を持続させているのです。また、生地のタイプによって脱毛率をパイル地、無捻糸、シャーリング地と個別に基準を定め、新しい物なのに、拭く必要以上に毛がついてしまうということを防いでいます。

色落ちもほとんどしません。



なぜなら、産地に晒しや染めに適した良質の水が豊富にあるからなのです。
繊維製品の製造過程で使用される有害物質の残留濃度に関しても、厳しい基準を設けており、特に乳幼児用商品ではゼロに近い値です。


このように今治タオルは、安全性、使い心地等々最高の品質を保っているのです。